朝ドラ梅ちゃん先生第21週(第121話~第126話)あらすじ

朝ドラ梅ちゃん先生第21週(第121話~第126話)の魔法のことばのあらすじです。

安岡医院は患者のツケ払いに悩んでいました。

このままでは経営困難に陥りそうな予感。

するとある患者が診療所に来ました。

では朝ドラ梅ちゃん先生第21週のあらすじをご紹介します。

チェック!

朝ドラ梅ちゃん先生のキャスト・相関図と主題歌は?

続きを見る

前へ

朝ドラ梅ちゃん先生第20週(第115話~第120話)あらすじ

続きを見る

スポンサーリンク

第21週のあらすじ

第121話

昭和32年、安岡医院では患者のツケ払いが溜まっていた。

芳子にも手伝ってもらいながら回収するが、なかなか進まない。

このままでは経営が厳しい。

第122話

税理士を紹介してくれるという患者の村田アサ。

アサの昔話を聞いていた梅子。

アサは持ち合わせがないからと、診察費をツケにして帰る。

最近様子がおかしかった芳子が行方がわからなくなった

第123話

しばらく出ると書き置きを残した芳子。

梅子は居場所がわからず心配だった。

幸吉が建造の浮気が原因かと冗談めかしたが、和也と康子が真に受けて噂を広めてしまう。

松子から連絡が入り、芳子が来ているとわかる。

梅子が迎えにいくが、芳子は当分松子のところにいることにした。

第124話

ギックリ腰になった正枝に代わり、梅子が家事をこなす。

芳子の苦労を知り、梅子は松子と竹夫に相談した。

実は松子も姑との関係に悩んでいた。

第125話

アサが来なくなったことが気がかりだった梅子。

相沢はアサの話は辻褄が合わず、すべて作り話ではないかと言う。

「みかみ」の客がアサはホラ話ばかりする人だと話していた。

結局、税理士は弥生の紹介で頼むことに。

松子は姑のマサ子に話をするため、梅子に付き添ってもらう。

第126話

アサが診療所に来た。

相沢がきっぱりと断ると、アサはもう来ないからとこれまでの診察費を払って帰る。

梅子はまた話を聞かせてと告げた。

建造は芳子を迎えに行きたがらない。

仕方なく芳子は自分から帰った。

次へ

朝ドラ梅ちゃん先生第22週(第127話~第132話)あらすじ

続きを見る

朝ドラ梅ちゃん先生の見逃し動画視聴方法は?

朝ドラ梅ちゃん先生の見逃し動画はNHKまるごと見放題がおすすめです。

過去の放送がいつでも見放題になるサービスで便利ですよ。

初めての場合は31日間無料お試しができるので、まずは試してみるのがおすすめです。

U-NEXT登録はこちら

NHKまるごと見放題U-NEXT経由で申し込むと、ポイント使用で実質無料になります。

その方法については、↓こちらの記事↓で詳しくご紹介しています。

朝ドラ見逃し配信をお得に見る方法!

続きを見る

-朝ドラあらすじ
-, , , , , , , , , , , , , ,