朝ドラゲゲゲの女房第9週(第49話~第54話)あらすじ

朝ドラゲゲゲの女房第9週(第49話~第54話)私、働きますのあらすじです。

三海社で描くようになって、村井家の家計は少し楽になってきました。

しかしこれも長くは続かず、思いもよらない事態に。

布美枝も茂も再び厳しい現実を突きつけられて・・・

では朝ドラゲゲゲの女房第9週のあらすじをご紹介します。

チェック!

朝ドラゲゲゲの女房のキャスト・相関図と主題歌は?

続きを見る

前へ

朝ドラゲゲゲの女房第8週(第43話~第48話)あらすじ

続きを見る

スポンサーリンク

朝ドラゲゲゲの女房第9週のあらすじ

第49話

茂が三海社へ行くと、河合はるこという女性が持ち込みに来ていた。

するとはるこの父が怒鳴り込んできた。

漫画など低級低俗だと批判。

はるこは漫画の勉強をしたいというが、家族の理解を得てからだと深沢は説得する。

茂は次回作にしようとしている「河童の三平」の原案を深沢に見せる。

エヌ子メモ

新キャラ登場、河合はるこです。

漫画家を目指し上京してきたようですね。

演じるのは南明奈さん。

深沢曰く、はるこの漫画は下手で話にならないと言います。

ここで茂と会っていることが、彼女のチャンスかも?

はるこのモデルはつりたくにこさんという漫画家ではないかとされています。

30代で病死してしまった女性漫画家で、水木しげるさんのアシスタントをしていた時期があるとのこと。

さて茂の方も次の作品に向けて、深沢に相談をしたのですが・・・

エヌ子

深沢が吐血し倒れました!

そういえば茂と初めて会った時、咳をしていましたね

第50話

茂は深沢を病院へ送って帰ってきた。

結核と診断されるが、茂たちは薬もあるしすぐに退院できるだろうと楽観していた。

布美枝は結婚1周年の記念に手作りのペン立てを贈る。

茂は気に入ってくれる。

深沢が退院するまでに「河童の三平」の原稿を仕上げようと張り切った。

だが深沢は1ヶ月経っても退院できない。

茂が三海社へ行くと、思いもよらぬ光景を目にする。

エヌ子メモ

深沢はやっぱり結核でした。

昭和30年代ですので、結核はもう死の病ではなかったのです。

けれど、深沢はなかなか退院できず。

それどころか三海社は会社を畳むことに。

茂と布美枝の状況は一変します。

エヌ子

片付け業者役の野間口徹さん

このシーンしか出番はありません

第51話

茂は馴染みのない出版社に出す原稿を描いていた。

布美枝は力になりたいと思い、手伝おうとするが突き放される。

さらに部屋も片付けなくていいと断られる。

茂の留守中にはるこが訪れる。

帰ってきた茂ははるこを仕事部屋に招き、作業に没頭してしまった。

布美枝ははることの関係を説明されなかったので、不安な気持ちになっていた。

エヌ子メモ

茂は今、描いている原稿を布美枝に見せたくないようです。

婦人向けの雑誌をじっくり見て研究。

はるこの訪問を「ちょうど良かった」と言います。

どうやら女性向けの漫画を描いているのではないでしょうか?

エヌ子

おにぎりでいいんなら、最初からそう言ってくれよ茂さん(泣)

第52話

朝になりはるこは帰っていく。

布美枝ははるこが少女漫画家の卵と聞いて安心。

原稿を持っていこうとする茂は、熱を出してフラフラだった。

布美枝が代わりに持っていくと言うと、「嫌な思いをするぞ」と茂は忠告した。

案の定、編集者は嫌味を言いながら原稿を受け取る。

布美枝は茂が描いた原稿を見て驚愕する。

エヌ子メモ

水木しげるさんが別名義で少女漫画を描いていたのは史実どおり。

ドラマの通り「水木洋子」名義でも描いていますが、「東眞一郎」名義でも描いているそうです。

いつもの水木しげるさんの絵のタッチではなく、いかにもな少女漫画の絵です。

https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=320699272

現在は単行本の在庫はないみたいですが、どんなお話か気になりますね。

布美枝は茂がどれほど屈辱的な思いだったのか。

生活のためにプライドを捨てていたと知ります。

エヌ子

茂を労うために奮発したコーヒー

でも布美枝にも飲めと勧めてくれるの優しい

第53話

中森が玄関で倒れ込む。

原稿を持って行ったのに原稿料をもらえず、腹を空かせたまま徒歩で帰ってきたのだ。

中森はもう貸本漫画界は終わりかもしれないと嘆く。

茂は持ち込みに出掛けていると、思わぬところで富田に会う。

富田は茂に謝罪し、持っていた原稿を欲しがった。

不義理をしていたので、描いてくれる漫画家がいないと苦笑いの富田。

仕方なく茂は富田書房で描くことにした。

エヌ子メモ

中森が言うように貸本漫画は徐々に廃れていた頃でした。

1969年にこの業界は完全に終焉しています。

貸本漫画の出版社も続々と倒産。

時代が変わる時なので、茂たちが苦しむのも当然なんです。

布美枝もなんとかしなくては、とある決心をしました。

エヌ子

久々に会った富田のところで描くことにした茂

約束手形ねぇ・・・大丈夫かな

第54話

こみち書房で化粧クリームの実演販売をしていた靖代。

今ではセールスレディとして成績が上々だった。

布美枝はロザンヌレディに誘われ、自信がないけれど興味を持つ。

営業所に連れて行ってもらうと、手先が器用で向いていると所長に褒められる。

だが以前、実演販売で大失敗したことを思い出す。

エヌ子メモ

訪問販売なんて図々しいくらいじゃなきゃ、と靖代さんが言ってましたが。

本当にそうなんだよなあ。

打たれ弱い布美枝ができるのか?

一度は怯んだものの、茂を楽にさせるためにと奮起します。

訪問先での出来事で、布美枝は自分の体に気づくことが・・・

エヌ子

ロザンヌ化粧品の営業所長に吉田羊さん!

この頃はまだちょい役しかやってなかったんですね

次へ

なつぞら

続きを見る


ゲゲゲの女房のトップページへ戻る

朝ドラゲゲゲの女房の見逃し動画視聴方法は?

朝ドラゲゲゲの女房の見逃し動画はNHKまるごと見放題がおすすめです。

過去の放送がいつでも見放題になるサービスで便利ですよ。

初めての場合は31日間無料お試しができるので、まずは試してみるのがおすすめです。

U-NEXT登録はこちら

NHKまるごと見放題U-NEXT経由で申し込むと、ポイント使用で実質無料になります。

その方法については、↓こちらの記事↓で詳しくご紹介しています。

朝ドラ見逃し配信をお得に見る方法!

続きを見る

-朝ドラあらすじ
-, , , , , , , , , , , , , ,